珈琲の木は強かった・・・

0
    もうダメかと思った珈琲の木。

    もともとシンボルツリーになるはずだったのだが
    去年の越冬に失敗して無残に枯れ果ててしまい、5月にカットバックし
    活性剤を投与したが、夏になっても復活の兆しがなく、もうダメだと
    あきらめて放置していたが・・・。

    ここにきて新芽が出てきた。




    なぜ夏ではなく秋になって芽吹いたのか・・・??

    放置がよいのか、活性剤だの栄養剤だの投与したのが
    余計なお世話で、珈琲の木のご気分を害してしまったのか・・・。

    よく分からん・・・。

    問題は今年の越冬をどのようにするべきなのか・・・。

    ・水やりは1〜2週間に一度
    ・根を冷やさないために水ではなくお湯をあげる
    ・鉢の周りにプチプチの緩衝シートを巻き、根の低温化を避ける
    ・枝葉を落としてやるか、どうか??・・・
    ・声援を送り励ます。

    このぐらいしか思いつかんが、とにかくやってみるか・・・。

    世話がやける・・・。
    だが、こういう面倒くさいことが面白いんだなと最近思う・・・。

     

    | 1/2PAGES | >>

    カレンダー

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    リンク

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM